読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パナソニックが割引不要の納得価格 | お買い得センサーのレビュー 2017年度

使い勝手も重さも悪くないです。長持ちしてほしいので大手メーカーのこちらの商品を購入しました。石膏ボードの先の間柱にテレビを壁付けする際に使用しましたが、この値段で十分の働きをしてくれました。

こちらになります!

2017年04月04日 ランキング上位商品↑

お買い得 パナソニック センサー【お買い得】パナソニック Panasonic EZ3802 壁うらセンサー

詳しくはこちら b y 楽 天

テストしてみましたが良好です。実際25mmの深さまで空洞で、その先に木材がありました。diyで使用します。自宅のリフォーム中 我が家は一部 増築部分があるためありえな感覚で桟があったりして、余計な穴を、または、加工を強いられたことがありました。探知モード「木材浅」で反応しないため!「木材浅」モードで微妙に反応し「木材深」モードでしっかり反応した箇所に穴を開けてみました。自宅の階段に手すりをつけたくて購入しました。階段に手摺を設置する為に購入しました。欲を言えばもう少し小型化して欲しい。操作方法が分かればすごくハリが手にとってわかる位に反応します。通常の下地の無い部分でのスタッド割り出しはとても簡単で、使いやすいと思います。家の壁に使うのは十分な性能です。価格が価格だけに・・厳密な物を求めてはいけません。商品が到着後、早速使ってみました。電源をオン。自分的には!壁に穴あける時にCチャンネル等を避けたい・・と言う目的で購入しましたが!最初の30分はセンサーの「クセ」に慣れるまで!ちょっと苦労。あとはマグネット付きのどこ太Lを使って釘などの位置を把握して、念のためどこ太で柱の確認をすれば壁付け問題無しです。そんな事は、なくなると思います。「木材深」モードは約13〜約25mmの深さまで探知するということですが深さ25mm以上の木材に反応していたようです。マーキング時に鉛筆を押すと!鉛筆の先が本体裏から飛び出す仕組みである。シビアなのかいい加減なのか・・・同じところで反応したりしなかったり。さすが一流メーカー、非常に使い勝手が良く、またコスパも良い。ですが!あると無いとでは天地の差があり!適当に穴開けをしないで済むだけとっても重宝しております。階段だけでなく、色んなところに手すりをつけたくなりました。家具の転倒防止金具を取り付けるために使っています。初めは全然反応が鈍かったのですが、工務店の方に見てもらった所、私の操作方法が間違っていただけでした。また!移動させる速度も重要なようで!ちょっとでも速いと反応しません。慣れるまで少し時間がかかりましたがあったら便利な商品です。自宅の照明器具交換につき!天井の梁の位置を確認するために購入。これなら誤ってドリルで電線やガス管を貫いてしまう事故も防げる。これからもちょいちょい役に立ちそうです。単機能なタイプの他メーカーのセンサーを家の完成時にもらっていたのですが!下地合板を入れた部分のスタッド探しをするには!役に立たなかったため!こちらを購入しました。同じところを3・4回繰り返したほうが無難です。ちょっと困り者です。そのため長い釘を打つことにしました。新築でカーテンレールや棚を付けるのに役にたちました。。照明器具の取り付け以外にも防災用品(チェーン)などの取り付けに重宝しそうです。壁につけてボタンを一押しでセンサーが働きます。使うには、ちょっと慣れが必要ですね。多機能!高精度!低価格を実現した素晴らしいものだと思います。また本体にはガイドの他!鉛筆を保持できる鉛筆穴が設けられている。3段階のレベルアップランプと探知ランプで初心者でも楽々探知ができる。操作も簡単で表示を見ていれば壁うらを一目で探しあてられ精度も高く優れものです。電線ランプが頻繁に点灯しますが中が見えない分、本当のところはわかりません。梁の位置の探知はもとより、ガス管や水道管の探知もできる。電池も四角いタイプではなく普通のものなので!そういう点でも○です。一度ブザーが鳴ったところをもう一度かざすと今度は無反応で精度はイマイチ。基本的に「木材浅」モードで反応した所を利用した方がいいようです。やはりコツもあり最初にいろんな壁で練習致しました。今までは石こうボードに!ビス止めするのに苦労してましたが!これを使い簡単にできとても使いやすいです。「活線警告ランプ」も付いていて!同時に電線の位置も把握できる。今や他メーカーのセンサーはお蔵入りで!こちらばかり使っています。まず、自分の部屋の壁で試してみたのですが、きっちり反応してくれてこれはかなり使えそうな感じです。探知モードは「深」、「浅」、「金属専用」の3モード。この壁うらセンサーは!探知モードが「木材浅」!「木材深」があり!「木材深」を利用すると!このような木の厚みの違いも何とか見つけることが出来ました(簡単とはいきませんが)。DIYをする方には!あれば重宝します。またグリップの幅を狭く厚みを持たせた方が握りやすいと思う。年には年を ということで!反応した所に針を指して更に確認してから時計やカーテンレールを取り付けました。結構正確に教えてくれます。